イシュタールの成分は安全?敏感肌でも大丈夫?

 

本物の角質層と同じ構造であるラメラ構造を化粧品にも取り入れることで成分の浸透力を高めてくれるのがイシュタールです。
その効果は非常に高く、口コミも高評価が非常に多いです。

 

しかし、これだけ効果が高いと、刺激の強すぎる成分や副作用のある成分が含まれているのではないか、と心配になる人もいると思います。

 

そこで、イシュタールに含まれている成分を徹底的に調べてきたので、ここで書きたいと思います。

 

 

イシュタールに含まれる美容成分は30種類以上

 

肌のトラブルには様々なものがあり、その原因もまた非常にたくさんあります。
それらにしっかり対処するために、イシュタールには30種類以上の美容成分が詰め込まれており、その成分はどれも優秀な成分です。

 

例えば、肌はもちろん体の材料として欠かすことのできないアミノ酸です。

 

体中にはたんぱく質が存在しており、肉や髪などを構成したり、コラーゲンとして肌や体を支える役割を持ったり、タンパク質は美容にも健康にも欠かすことのできない成分です。

 

このたんぱく質を作るのは、アミノ酸です。

 

肌の機能を向上させる天然保湿因子もアミノ酸によって作られているものです。

 

イシュタールはラメラ構造によってアミノ酸を肌の奥までしっかりと浸透させてくれるので、肌の機能を向上させ、美しい肌を作り出してくれるはずです。

 

 

低刺激だから敏感肌でも安心

 

美白化粧品などに多いのですが、効果を求めるあまり刺激の強い成分を使ってしまい、肌に負担をかけてしまう化粧品があります。例えば、美白をうたった成分で、ロドデノールというのが問題になりましたね。肌が白抜けしてしまう怖い副作用です。。。

 

そこまでではないにしても、美白化粧品を使える人にとっては、効果自体は高いので、良いかもしれませんが、敏感肌など肌が弱い人にとっては悪影響しかないと言っても過言ではありません。
一部には期間を決めて短期間しか使えない化粧品もあるくらいで、そんな化粧品を使うのは心配だと思います。

 

また、コストを下げたり、見た目を良くしたりするためという会社側のメリットのためにアルコールを使ったり、パラベンを使ったり、着色料や香料、鉱物油を使ったりしている化粧品もあります。

 

これらも気にならないタフな肌の人もいるかもしれませんが、多くの人にとっては肌に負担を強いることになってしまいます。

 

イシュタールでは肌のことを考えぬいた結果、これらの成分は使っておらず、肌に優しい成分だけを配合して作られています。

 

また、試験もしっかりしていて、スティンギングテスト、パッチテストをクリアした安全な化粧品です。

 

実際に敏感肌の人でも効果を試しているほどで、徹底的に商品にこだわっていることがうかがえます。

 

もちろん、いざ使うときにはパッチテストをした方が良いとは思いますが、敏感肌の人でも安心して使うことのできる化粧品だと思います。

 

それでも、もしものときには返金保証を使うことができるのでお金の無駄の心配をすることさえなくって良心的ですよね。

 

お役に立てましたら、シェアしてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加