ラメラ構造って何?イシュタールを徹底解説!

イシュタールはオールインワン化粧品として多くの人に愛されていますよね。
その理由に、ラメラ構造が利用されていることが挙げられます。

 

ラメラ構造って何?

 

と思っている人も多いと思いますので、ここではラメラ構造がどのようなもので、それを化粧品に取り入れることでどんなメリットが生まれるのかを紹介したいと思います。

 

 

バリア機能をもつ角質層について

ラメラ構造って何?イシュタールオールインワンを徹底解説!

 

美容について詳しい人はご存知かもしれませんが、肌というのは一枚ではなく、いくつもの層が重なってできています。

 

その中でも、バリア機能をもち、水分を保つ働きがあるのが角質層です。
この角質層にしっかりと水分を保持させ、ケアしておかないと外部からの刺激によって肌の内部がダメージを受けてしまい、肌トラブルなどを引き起こしてしまいます。

 

この角質層には生きている細胞はなく、核もない状態ですが、大事に層なんですね。

 

この角質では、角質細胞と水分に加え、油分も含まれています。
これらの成分が交互になっているため、高いバリア機能を持っているのです。
ラメラ構造は、バリア機能を高めるために交互になっていることを指します。

 

つまり、外部からの刺激から肌を守るためにはこのラメラ構造が大切だということです。

 

 

ラメラ構造が壊れてしまったらどうなるの?

 

では、もしラメラ構造が壊れてしまったらどうなるのでしょうか。
ラメラ構造が壊れてしまうと、外部からの刺激が直接肌の奥までダメージを与えてしまいます。

 

そうすると、肌荒れやニキビなどの炎症の原因となってしまったり、紫外線が肌の奥にあるコラーゲンなどを破壊してしまい、たるみなどの原因になってしまったりします。

 

肌にトラブルを抱えていると、それが保湿や美容成分の不足のせいだと思って様々な成分が使われた化粧品を使ってケアしようとする人が多いですが、もしラメラ構造が壊れてしまっているのであれば、どんなに有効な成分を肌に塗ったり保湿したりしても、水分は外に逃げていってしまいますし、有効成分の効果以上に外からのダメージで肌は傷ついていってしまうんです。
なので、角質層のラメラ構造を整えて、バリア機能がきちんと働いている状態にしてやることが非常に大切なんです。

 

ラメラ構造が整っていれば、肌はきちんと自らの力で保湿をしてくれますし、肌トラブルの改善にも繋がります。

 

 

イシュタールはラメラ構造を持ったオールインワン

ラメラ構造って何?イシュタールオールインワンを徹底解説!

 

このラメラ構造を化粧品に取り入れるのには技術力が不可欠です。

 

このラメラ構造を取り入れることで、しっかりと角質層まで成分を送り届け、肌の調子を整え、肌自身の機能を高めてくれます。
肌に無理やり有効成分を与えてきれいにしていくのではなく、肌自身の機能を高めるというところがほかの化粧品とは一味違うところですね。

 

理想の肌ともいわれる赤ちゃん肌もイシュタールの浸透力をもってすれば可能かもしれませんね。

 

イシュタールの浸透力は私もかなり感じたところではあるので、興味ある方はイシュタールの口コミレビューを見てみてくださいね。

 

まだ間に合う?半額以下でお試し!

ishtar(イシュタール)のキャンペーンはこちら

 

 

 

関連記事

イシュタールの口コミ@効果をレビュー

お役に立てましたら、シェアしてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加