コンシダーマルに入っているEGFって?どんな効果がある?

コンシダーマルに入っているEGFって?どんな効果がある?

 

EGFの成長因子で透き通るような美しい肌を!

ラメラ構造100%のオールインワンとして多くの人に愛されているコンシダーマルですが、2017年にリニューアルして有用成分がさらに増やされました。

 

コンシダーマルの注目成分は様々なものがあるのですが、ノーベル賞を受賞したこともある成分、EGFは特に注目したい成分です。

 

EGFという名前を知っている人、効果まで知っている人、など様々な人がいると思いますが、ここではEGFのすごさを書いてみたいと思います。

 

 

EGFはアンチエイジングに必要不可欠な重要成分!

 

EGFの効果は非常にたくさんありますが、総じてアンチエイジングに高い効果があるということができます。

 

アンチエイジング成分は多くの人が注目している成分なので、EGFも様々な化粧品に使われ、人気となっています。

 

上皮成長因子(上皮細胞成長因子、上皮増殖因子)など様々な呼び方があり、英語ではエピダーマルグロースファクター(Epidermal Growth Factor)と呼ばれています。
たんぱく質の1種として53個のアミノ酸によって成り立っていて、肌に限らず母乳や唾液などもともと体の中に存在している成分です。

 

ヒトオリゴペプチド-1という内容成分名なので、成分表示などで機会があれば探してみてください。
もともとは医療の現場で使われていた成分で、皮膚の細胞を再生するために使われるのが主です。

 

しかし、その細胞を新しく作る力が美容にも生かすことができるのでは、ということで厚生省によって2005年に認可されて美容にも使うことができるようになりました。

 

もともと体内に豊富に存在するEGFですが、その分泌量は加齢によって減少し、特に20代後半からは一気に減ってしまいます
そうなってしまうと、肌の再生が滞りだし、投下が引き起こされ、様々な影響が肌に出てきてしまいます。

 

そこで、EGFを化粧品で補ってやることによって肌の老化を食い止めて、美しく新しい肌を作り出すのを助けてやる必要があるのです。

 

 

肌を新しくする、ヒトオリゴペプチド-1

傷ついてしまった肌を再生したり、綺麗な新しい肌を作り出したりするということでアンチエイジングを謳う化粧品の多くにペプチドは利用されており、化粧品に使われるペプチドはどれも安全性が高いことが分かったものばかりです。

 

培養細胞などで効果が確認されたヒトオリゴペプチド-1についてもそうですが、各メーカーのホームページや化粧品技術者会などで安全性が公開されているので、気になる人は調べてみることをお勧めします。

 

安全性について気になる人は、認定マークによる保証が行われているので、認定ガイドラインなども調べてみることをお勧めします。

 

 

成長因子には老化を抑える働きがあります

タンパク質の中には、決まった細胞の増殖を促進する効果のある成長因子と呼ばれるものが存在し、EGFもその1種です。
細胞を増やすので、増殖因子といった呼ばれ方もあり、これらは体に欠かすことのできないものです。

 

非常に多くの成長因子が体には存在しており、それぞれで増殖させる細胞も違うので、効果は様々です。

 

化粧品で、ヒトオリゴペプチド-1以外にも利用されることのある成分があるのでいくつか有名なものを挙げてみます。
アンチエイジングのための化粧品を選ぶときはぜひ参考にしてみてください。

 

 

①IGF(インスリン様成長因子)

保湿に欠かすことのできないヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲンなどを作るのを助ける働きがあり、傷ついた肌を再生させる働きもあります。

 

肌の保湿などに不満を感じている人はこの成分が配合されたものを利用するのもお勧めです。

 

 

②EGF(表皮細胞成長因子)

化粧品に使用されることの多い注目を浴びている成分です。
肌は2週間ごとに新しいものと入れ替わっており、そのことをターンオーバーと言います。表皮幹細胞によってそのターンオーバーは制御されているので、その表皮幹細胞がしっかり働いていないとターンオーバーが引き起こされません。

 

ターンオーバーが滞ってしまうと、肌が新しいものにならないので、肌荒れなどの肌トラブルもそのままになってしまいます。

 

その表皮幹細胞を通して新しい肌を作り出させる働きをするのがEGFで、様々な肌トラブルへの効果が期待できます。

 

 

③TGF-β(トランスフォーミング成長因子)

保湿に欠かせないコラーゲンやエラスチンを強化してくれるのが、TGF-βです。
また、敏感肌の人にとっても抗炎症作用などがあるので、効果的な成分です。

 

 

④aFGF(繊維芽細胞成長因子)

その名の通り、繊維芽細胞を増やすよう真皮幹細胞に働きかけ、しわやたるみなどに影響するSOD(抗酸化物質)、ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなどの働きを促進することができるのがaFGFです。

 

しわやたるみなども老けて見える原因になってしまうので、いつまでも若々しい見た目でいたいならaFGFの配合された化粧品を使ってみてもいいと思います。

 

 

どんな美肌効果がEGFにはあるのか

EGFは医療現場でも用いられるほど高い細胞の回復効果があります。
では、この効果がどうやって美容に活きてくるのでしょうか。

 

肌というのは、日々新しいものが作られています。その新しい肌と古い肌がどんどん入れ替わることによって美しい肌がキープされるのです。
また、その入れ替わりの際にニキビなどの肌トラブルが改善されていきます。

 

このターンオーバーは2週間程度の周期で行われるのですが、加齢など様々な理由で滞ってしまうことがあります。
そうなってしまうと、肌トラブルは改善されることなく悪化していきますし、肌もどんどん汚くなっていってしまいます。

 

EGFが新しい肌を作るよう働きかけることによって、このターンオーバーがしっかり行われ、古い肌がどんどん新しい肌に入れ替わっていくのです。

 

ターンオーバーがしっかり行われることによって得られる恩恵は非常に多く、肌がきれいになったり、肌トラブルが解消されたりするだけではなく、肌自体の防御機能を高めたり、しわを小さくしたり、血流やリンパの流れも改善されたりします。

 

しわやたるみなどを防ぐ抗酸化物質、ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなどに影響を与える繊維芽細胞の増殖にも効果があります。

 

また、成長ホルモンのような働きもするので、健康にとっても良い影響が期待できます。

 

 

浸透力のある美容液でなければEGFは効果を発揮できない

アンチエイジングはもちろん、美容にもEGFは非常に効果的な成分なのですが、ただお肌に塗っただけでは効果を発揮することはできません。

 

というのも、角層よりも奥に進むためには、EGFは水に溶けやすすぎるのです。

 

せっかくの成分も、肌に届かないのでは意味がなく、効果を発揮することができないのです。

 

では、EGFを表皮細胞まで届けるにはどうしたらよいのか、ということですが、その働きを担うのがラメラテクノロジーなのです。

 

ラメラテクノロジーの浸透性、保水性によってEGFは表皮細胞まで届けられて、効果を発揮することができるようになるのです。

 

コンシダーマルはラメラ構造100%なので、しっかりEGFを表皮細胞まで届けることができます。

 

 

EGFの力をしっかり発揮できるのがコンシダーマルの強み!

スキンケアにEFGが利用できるようになったのは科学技術の進歩あってこそです。
というのも、昔はEGFの抽出や生産が難しく、8千万円でようやく1gが購入できるという価格だったようです。

 

必ずしも価格がそのまま効果の高さを表しているわけではありませんが、実際に新たな細胞の成長率がコンシダーマルを2か月程度利用したことによって2倍から8倍程度上昇したという実験データもあるので、これを利用してみない手はありません。

 

30~60代の人が実験対象となっているので、アンチエイジングに遅すぎるということはないともいえますね。

 

ラメラ構造とEGFの非常に優秀な組み合わせでいつまでも若々しい肌を手に入れましょう。

 

 

お役に立てましたら、シェアしてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加